博多皿うどん発祥物語

はじめに「食」の哲学ありき。
「三里四方の食材を使え」という料理の基本を伝える言葉があります。冷蔵・冷凍技術の発展で、いまや死語かというと、これがそうでもありません。それは、作られた料理を食べる場所も問題になるから。
料理は、湿度や温度といった土地の気候に合致した味つけがなされているのだから。

(さらに…)